土地収用お助け隊の趣旨

 土地収用でお困りの方はいませんか?
 一般の方が土地収用に持っているイメージは、土地収用にかかればお金が儲かるという発想ですが、それは大きな誤解です。
 以前の私もそうでした。ところが、ある日突然、私自身にも土地収用の話が降りかかり、担当者の方の説明を受け、対象物件の調査が入り、その何か月後、相手からの補償額の提示がされた時、私の希望していた金額とあまりにも差があり愕然としました。
 私は小さいながらも、そこで商売を営んでおり、建物が壊されたら、当然新しい建物を建て直さなければなりません。補償額として提示された金額は、その新築資金にすら届いていません。補償額として提示された金額には、建物の補償金額の他に、取り壊し費用、営業補償、その他諸々の費用も含まれており、このままでは私は何千万の借金を背負わされる羽目になります。担当者に私の現状を述べ、何とかならないか必死にお願いしました。
 担当者の方は、貴方の苦しい状況は良くわかります。しかし、この事業は公益性のある事業であり、貴方だけ特別扱いする訳にはいかない。補償金額は低いのは建物が古いので減価償却させれいるから金額は妥当。もうこれ以上はあがらない。他の人たちはみんなご理解してハンコウを押している。どうか、ご協力をお願いしますの一点張りでした。
 確かに、建物は建てられてから相当年月が経過していましたが、補修していけば、まだまだ何十年も使用に耐えうるものであり、どうして金銭的負担を私が強いられるのか納得できませんでした。
 その後、私ひとりで交渉しても埒が明かないので、弁護士さん等、法律に詳しい方々に相談しましたが、皆一様に、どれだけ粘っても金額はそれ以上あがりませんよ。早くハンコウを押すのが賢明ですよと言われ、私は暗澹たる思いで毎日過ごしていました。そんな時、ようやく友人のつてで、現在、土地収用お助け隊のメンバーの一員である方とお会いすることができました。
 その方の見解は、貴方の現状なら補償金額は必ず上がりますよと言われました。これまで相談してきた方と180度見解が違いにわかには信じられない思いでしたが、私は思い切って、その方の指導に従うことにしました。
 すると、何度か交渉を重ねる内に、今まで絶対に上がらないと言われ続けていた金額がみるあがみる上がり、最終的には、手出ししないところまでたどり着くことができました。
 今回、土地収用お助け隊を結成しようと思ったのは、全国に私みたいに土地収用等で困っている方々は沢山おられる。そんな私みたいな人達を救いたい!そんな一念で立ち上げました。
 土地収用等で困っている方々、どうか一度気軽にご連絡下さい。私達と一緒に問題を解決しましょう。
 きっと、道は開けます‼